想い

~建築とは『想い』から始まる物語~

「想い」とは、何かをつくり出すために一番初めに必要であり、その後も持ち続ける必要があるものです。

魅力的な建物を建てるには、建築主・設計者・施工者、それぞれの想いが必要です。

そのうちの一つでも欠けてしまうと、その建物は不完全な物になるでしょう。

色々な人の想いがこもった魅力的な建物を建てる為に、私達の想いが不可欠であると信じています。

 

沢山の人に愛される建物を建てたいとの『想い』を事務所名としています。