受け継がれる『祭』

Written 10月 14th, 2015

10月10日・11日の二日間、岸和田の海手を除く、
阪南地域は各地域のだんじり祭りで賑わいました。
義妹の嫁ぎ先が貝塚の半田で、毎年では無いけれ
ど、タイミングが合う時に家族で参加させて貰っ
ています。
今年は11日にお邪魔してきました。

子供達も祭り衣装に身を包み、気分は地元民^^
IMG_3635.JPG

だんじりと言えば岸和田が有名ですが、阪南地域
から和歌山でも紀北の一部(粉河や橋本)でも盛ん
なお祭りで、貝塚も岸和田に負けない程の盛り上
りで、毎回勢いよく曲がる山車の迫力にワクワク
します^o^
IMG_3639.JPG

山車に施された彫り物や装飾はとても繊細で素晴
らしく、荒々しい祭りのイメージと対照的な気が
しますが、山車が無骨な木の塊だったらと想像し
てみると。。やはり山車はこの形で有るからこそ
素晴らしいのだと判ります。
IMG_3641.JPG

地車の魅力の他に感心させられるのは、町ぐるみ
で、祭りが大切に受け継がれていると言う事。

町に賑わいを取り戻そうと、様々なイベントを企
画して、四苦八苦しながら運営している人達と関
わらせて頂く事が多い者としては、凄く羨ましく
も有りますが、受け継いでいく苦労は並々ならぬ
物が有るんだろうなと考えてしまいます。

物の継承、想いの継承、技術の継承、人の継承、
そして、それらを支える上で、やはり必ず必要に
なってくるお金の事。。

激しい祭りですから、事故や事件も多いでしょう。
11日も最後の周の時に勢い余って電柱に激突!!
って事もありました。幸い大事には至らなかった
ようで、良かったのですが、「よかったね」では
終わらないでしょうね。。

他にも盗撮容疑のおじさんが、警察詰め所に両脇
抱えられて連行されていったり。。

地域は変わりますが、10日泉佐野ではお一人の方
が亡くなられた悲しい事故もありました。

なにも知らないよそ者が、少し考えただけでも、
継承する難しさは山盛りです。

でもね、ヤッパリ町が一つになって盛り上がる祭り
が有るって素晴らしい事ですよね。

何かを受け継いでいく、それは誇らしくも、とても
大変な事だと思います、部外者が気軽に「羨ましい」
とか「これからも続けてください」とか言ってはい
けない事なのかもしれませんが、是非来年も遊びに
行きたいと思います。

少しでもお役に立てればと、出店で飲み食いしまく
った結果、満腹で夕食抜きになりました^^

コメントをどうぞ