自然素材との付き合い方

Written 2月 15th, 2016

自然素材の良さについてあらためて考えさせて頂く機会を
先日頂きました。そんななかで思い出したのが、数年前に
地元地方情報誌に掲載頂いたコラムのこと。

自然素材と人付き合い、最近後者に少し思うところがあっ
たんですが、読み返してみて、なんだか元気を頂きました。

噛んで噛んで噛みしだいて、存分に独特の味を味わってや
ろうっと^^

~~以前のコラム~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は住宅でも店舗でも、靴を脱いで上がる床には無垢の
フローリングをお勧めしています。それは足に伝わる感触
が他の素材とはまるで違い、木の持つ何ともいえない柔ら
かさと優しさがあるからです。
床に限らず、直接肌が触れる場所は出来るだけ自然素材で
つくるのが良いと思います。
中には「無垢のフローリングは反ったり傷付いたりする
し、メンテナンスも大変なんでしょう?」と言われる方も
いらっしゃるのですが、そんな時私は「自然素材は多くの
心地よさを与えてくれます、その分こちらもお返しをしな
いといけないですよね、それがメンテナンスだと思ってく
ださい、人との付き合いと同じで、相手に何かを求めるだ
けでは駄目なんですよ。長所と短所があるのも人と同じで
すよね。あと、使えば使うほど独特の味が出て来るのも無
垢材の魅力ですが、そこも人と深く付き合うことで、最初
の着飾った姿だけでは判らなかった魅力に気付くのと似て
いますよね」とお話します。

木が反ったり・すいたりするのは呼吸している証拠でも
ありますし、傷が付きやすいのは柔らかいからこそです。
「手の掛かる子ほど可愛い」と言いますが、自然素材の持
つ短所も見方を少し変えてやると大きな魅力になるのでは
ないでしょうか。

あなたの肌で感じる住まい、素敵だと思いませんか。

コメントをどうぞ