新しい年度の始まり

Written 4月 2nd, 2016

四月に入りましたね、まだ夜は肌寒いですが、桜も見ごろを迎えて、
春真っ盛り、年越しとはまた違った新しい年が始まりました。
1日は花見をするには生憎の雨でしたが、天からの贈り物で地が清め
られて、一つの節目として、相応しい日だったように思います。

昨年度は、事務所開設後初めて、県の公共工事設計にも関らせて頂き、
今まで以上に年度末を意識する年になりました。
4月に入り、参加させて頂いている団体も新体制への移行が始まって
います。今年度も幾つかの役を受けさせて頂く事が決っているので、
忙しい年になりそうです。
でも、折角参加させて頂くのであれば、渦の真ん中に居ないと楽しく
無いですから、大変ですが頑張りたいと思います。

仕事の方もお陰様で、今年は幾つかのプロジェクトが動いており、
大変充実しております、有難う御座います。

プライベートでは娘が小学六年生になり、小学生最後の年です。
既にあんまり遊んでくれないんですが、中学生になったら尚更。。。
仕事にばかりかまけてないで、家族との時間も大切にして行きます!!
(出来るだけ。。。)

下の写真は一日に届いた『建築士定期講習』の案内、建築士が3年
に一度、受講が義務付けられている講習会です。
丸一日かけての講習は大変ですが、しっかり学ばせて頂きます。

建築は奥深く、技術も日々進歩するので、講習を受けていれば良いと
いう物では無く、生涯学びつづける事が大切です。
今後もアンテナを大きく広げて、広く深い学びに精進します。

建築士定期講習案内

決意も新たに、本年度も建築を通して、素晴らしき “場” づくりの
お手伝いをさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ