地震に備える事の大切さ

Written 4月 15th, 2016

昨晩大きな地震が熊本県でおきましたね、お住まいの地域は
大丈夫でしたか?

私の住む近畿地方では大きな揺れは感じませんでしたが、震源地の
熊本では最大震度7の揺れ、余震も多く死者も出て、甚大な被害が
出ているようで、夜遅くの地震でしたから、これから本当の被災状
況が判てくるのでしょうね。

このような際の適切な言葉が中々思いつかないのですが。。

地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、これ以上被害が広がらない事を願っています。

 

地震が起こると職業柄、建物の被害状況がどうしても気に掛かります。

地震の被害といえば、家屋の倒壊による被害、木造家屋が倒壊した
画像が新聞やニュースで多く取り上げられる事からか、木造は鉄骨造
や鉄筋コンクリート造に比べて耐震性が低いと思われている方が多い
ようです。

でも、けしてそういう事ではありません。

倒壊している木造家屋は古い物が多く、地震に耐える壁が不足して
いたり、壁が配置される位置が悪かったりしているのです。

きちんと検討されて建てられた建物は構造に関係なく地震に耐えてく
れます。

但し、建物の耐震性を考える基準は人の命を守る事を基準に決められ
ているので、大きな地震で倒壊はしなくても被害は出る事もありますし、
家具の転倒による被害も多いので、過信は禁物ですよ。

偶然ですが、今朝仕事場に来るとデスクの上に、昨晩帰る前に書きかけた、
『木造耐震診断業務への参加意思等の確認について』がありました。

早速、参加するに○を付けて、FAXしました。

毎年、多くは無理なのですが、仕事の合間に数件調査をさせて頂いて
います。

耐震診断参加

耐震改修を行なうには、行政の補助金があるとはいえ、費用が掛かるので、
診断結果が悪いからと、どなたでも直ぐに改修出来る訳では無いと思いま
すが、今自分達が住んでいる建物の状況を判って頂く事だけでも、命を守
る事に繋がるのでは無いかと思い、微力ながら参加させて頂いています。

家はあなたやご家族の安らぎの場で、生活を守る大きな器です。
でも、災害時には凶器に変わる可能性も有ると言う事を理解頂き、日々の
備えを行なって頂ければと思います。

また、新築される時にも、素敵なキッチンも大きなお風呂も魅力的ですが、
骨組みをしっかりとつくる事の大切さもご理解ください。

コメントをどうぞ