名手の家

久々の『名手の家』

Written 4月 22nd, 2014

昨日高野口の現場の帰り、少し回り道をして『名手の家』
先日発売された『わかやまの建築家 家づくり本』を届けさせて
頂きました。

本当は直接お会いして渡せるように、土日でと考えていたのですが、
中々時間の調整がつかず、日ばかりが過ぎてしまうので、断念して
名刺にメッセージ書いてポストに入れさせて頂きました。

周年検査に寄せて頂いて以来になるので、久しぶりにお会いしたか
ったので残念ですが、又の機会に。。

お会いできなかったので電話させて頂いたら、凄く喜んでくれていました、
想建築工房のホームページも見てくれたようで「載せてくれてましたね~」
って^^

遅くなって御免なさい。。。

でもいつまでも気に掛けて頂いてるんだなぁと嬉しくなりました^^
建築家本

本を差し込んだポストの足元、竣工時に植えたタイムの花が
満開でとてもキレイでした。

気持ちの上では竣工したのは、ほんの少し前ですが、既に1年
以上の時間がたって、住宅力がついてきたなぁ~って一人で
ニンマリ ^^

名手の家 花壇

『名手の家』 無事お引渡し完了しました(^^)

Written 11月 1st, 2012

今日から新しい月が始まりましたね、早いもので今年も残すところ後2ヶ月。。
お陰さまで今年も充実した時間を過ごさせて頂いているので、時間のたつのが
早い事。。気が付けば今月また一つ歳を重ねる事になります。

時間が経つのが早いと言えば、報告が遅くなりましたが、先週末の金曜日
『名手の家』が無事お引渡しの日を迎える事が出来ました。

下の写真は引き渡し前に取り扱い説明を聞いて頂いたいている処です、
設備機器の性能を説明するのはやはり専門の方で無いと難しいので、
メーカーの方に来て頂いて説明頂きました。

次の写真は床の間に飾る一輪挿しを竣工のお祝いとして送らせて
頂いたんですが、建主さんのおばあ様が育てられているお花を少し
分けて頂いて、竣工写真を撮りに来てくれていた写真家の奥様に
お願いして活けて頂きました。
どうです、良い感じでしょ?

寂しかったトコの壁が華やいで空間も引き締まります(^^)

竣工写真は一部撮影頂いたのですが、リビングなどの写真は家具が入ってから再度撮影
頂く事になっているので、その写真が出来てから公開させて頂く予定にしていますが、
引渡し時に撮影頂いた写真の一部を既に写真家さんから頂いてるので折角なので、
夜景の外観写真を少しだけ公開しますね。

凄く良い感じです、全ての写真が揃ってから公開させて頂くのが楽しみです(^^)

お引渡しを迎えるに当たって、色々と書類の整理を行うんですが、監理報告書など
の書類を作成していると、色々な事が思い出されます。

建主さんとの最初の出会いは昨年6月始めにメールを頂いたのがきっかけで、6月の中頃に
うちの事務所に遊びにお越し頂きました。

それから何度も打合せを重ねて、4月に着工、現場監理の為に週に一度は最低現場を
訪れ、2週間に一度は建主さんと現場でお会いして、状況報告や打合せを行ってきました。

報告書を作成しながら数えてみたら、設計時の打合せは約半年間で15回、(2週間に1回のペースです)
片道車で一時間掛けて現地に訪れたのは調査も含めると40回超えていました。

その他にも設計の期間、現場の期間も含め、ご主人とは数え切れないほどのメールの
やり取りや電話でお話して、施工業者さんとも事務所や電話で打合せを行ったり、ほぼ
毎日『名手の家』に携わらせて頂きました、その期間は約一年と3ヶ月、思い返せば長い
期間かもしれませんが、関わってる間はより快適なお住まいをと必死ですから早かった。。

その家が完成を迎えるのは、いつもながら嬉しいのに少し寂しいような独特の感覚です。

細かくて面倒臭い事言う設計者に最後までお付き合い頂いた現場の皆さんに感謝です、
有り難う御座いました。

長い設計期間、長い工事期間にも気長にお付き合い頂いた建主さんにも感謝です、
有り難う御座いました、これからも宜しくお願い致します。

この家が末永く、ご家族の暮らしを優しく包み込む器であり続け、ご家族に愛され続ける事を
願っています(^^)

『名手の家』引渡し検査&床塗り

Written 10月 26th, 2012

朝晩の冷え込みが尋常じゃ無い日が続いてますが
皆さんお変わりないですか?
うちは娘の咳が止まらなくなってます、熱は無いんですけどね。。
皆さんもご自愛くださいね。

さて、すっかりごご報告が遅くなりましたが、先日のブログでも
触れた建主さんとの床塗り、無事終わっております。

今回のパインの床材、いつも使うのと少し違うのを使っていて、
色がかなり白かったのですが、塗装したら少し濡れ色になって、
思った以上に良い感じです(^^)

朝から引き渡し検査を行ってからの床塗りだったので、終わるのは
思ったより遅くなって、夕方4時ごろまで掛かっちゃいましたが、
実際塗られての感想をお聞きしたら、思ったより簡単だったとの事、
これで今後のメンテナンスも気軽にして頂けると思います(^^)

何事も状況判った人と経験しておくと、後のハードルを低くする事が
出来るので、無垢の床を使う場合は建主さんと一緒に塗らせて頂い
てます。(工事費も少し抑えれますしね(^^)b)

さぁ、いよいよ本日午後からお引渡しですのでそろそろ出発します(^^)

PS.そうそう、ラジオ、今日が最終放送日でしたが聴いていただけました~?
聴いていただいた方、有り難う御座います、また感想お聞かせください(^^)

『名手の家』 建築確認申請完了検査済証頂きました。

Written 10月 12th, 2012

かなり涼しくなって、朝夕バイクで出かけると寒いくらいです、
秋は自分の生まれた季節でもありますし、春と違って僕が反応する
花粉が無い(^^)b
とってもお気に入りの季節です(^^)

皆さんは如何ですか?猛暑の疲れも出やすい季節、寒暖の差で
体調崩されたりしないよう、ご自愛くださいね。

僕は昨日今日と二日間、朝から夕方まで県主催の研修会で缶詰状態です。
『和歌山県住家被害認定士養成研修』と言うもので、地震や洪水などの
災害が起きた際に、家屋の被害状況を調べる検査員を育てる為の研修です。

建築士としてその職能を災害時に生かして、少しでも貢献できればと思い
参加させて頂いているんですが、正直二日間の缶詰は辛い物があります。。

でも、かなり広い会場が満員です、半数は市町村の職員の方のようですが、
半分は一般の建築士、調査を行えば場合によっては日当は出るでしょうが、
基本はボランティア、その研修会にこれほど多くの参加者があるのは、多くの
建築士の方が善意ある意思を持って行動されていると言う事、同じ建築士として
嬉しく誇らしく頼もしい限りです。
(中には仕事になるかも~って気持ちで参加されてる方も居てるようですが、
そんあ甘いもんじゃないと思います)

さて、今日も頑張ってきますか(^^)

おっと、その前に前置きが長くなってしまいましたが本日の本題へ!!
(これを忘れちゃ~いけない)

『名手の家』無事建築確認申請完了検査を受け、検査済証を頂きました。

外構はコンクリートの塀も良い感じで打ち上がり、ほぼ形になってきました。
明日は建築主さんと一緒に床の自然塗料塗りです、またその様子は報告しますね(^^)

あと、ラジオの収録にも来て頂きました、和歌山放送の朝の番組です、

建てようネット和歌山情報番組「和歌山の家づくり~ええうちたてよ!~」
和歌山放送で毎週月曜~金曜の朝8時50分から約5分間、週替わりで
建築家や工務店の方が出演されている番組です。

今月末から来月始めに掛けての1週間の放送の予定、日が近づいたらまた
お知らせさせて頂きますので是非聴いてくださいね。

いよいよ今月26日に引渡しが決まった『名手の家』ですが、
(建主様の意向もあって、予定より少し遅くなりました)
今回残念ながら完成見学会の開催は予定していません、しかし、建主様の
ご好意で、僕の友人であったり、今家づくりを検討中の方には見学頂いても
構わないとのご了解を頂きました。
ご希望の方は山中までメール若しくはお電話してください、山中が責任を持って
ご案内させて頂きます。

住まい手、つくり手と共に創りあげた唯一無二の家、見所たっぷりです(^^)

『名手の家』 外構工事始まってます。

Written 9月 21st, 2012

朝一番、半袖で犬の散歩に行ったら寒いくらい、急に涼しくなりました、
お昼間も風が涼しくて気持ちがいいですね(^^)

そんな肌寒い朝、一番で名手の現場に行ってきました。

本日のメインは塀の配筋確認です。

建物の構造体じゃないので結構いい加減に施工される事も多いようですが、
やはり意識を持って施工するのとしないのとでは、出来上がりに大きさが
出るばかりでなく、寿命にも差が出ちゃいます。
折角造るんだったら長持ちしてくれる方が良いですよね。

塀でこの鉄筋、中々の物でしょう(^^)
(って、僕の仲間達が見たら普通やん、って突っ込まれるんでしょうが、
悲しいかな、結構その普通ってのがされてなかったりするんですよね。。)

この鉄筋コンクリート打放し仕上げの塀が完成したら、良い感じで建物を
引き立ててくれるはず、完成が楽しみです。

けど、打放しはその名の通り、コンクリートそのままが仕上げになるので、
(透明の水をはじく塗装はするんですよ)型枠を外すまでドキドキです。。

内部は建具の吊込みもほぼ終わり、家具の設置が行われている途中、
あと少しで完成です。

この写真の建具廻り、普通となんか違うと思いませんか?

そう、木の枠が無いんです、一般的には建具と壁の間に枠が
入るんですが、建具の奥に枠を隠してもらっています、
凄くすっきりとするでしょう?

もしかしたら言わないと気が付いて貰えないのかもしれませんが、
素敵な建物には素敵な細部の納まりが欠かせませんから、こんな
細かい事に拘りながら建物の設計やってます(^^)

現場の打合せも「今日時間無いんで直帰りますね」って言ったのに、
朝八時過ぎに現場は行ったのに、事務所戻ったらランチタイムでした。。
大きな建物でも、小さな建物でも、造り上げる為に大切な事って沢山
あるんですよね。

さぁ、完成が見えてきました、あと少し気を抜くことなく、現場の皆さんと
頑張っていきます!!

『名手の家』 足場外れました(^^)

Written 9月 18th, 2012

春に工事が始まった『名手の家』、思えば工事当初から
雨に悩まされ、現場の皆さんには苦労をお掛けしましたが、
先々週の土曜日に無事足場を外す事が出来ました。

先週の土曜日、足場が外れてから始めての現場打合せに
行ってきました。

建築主様ご夫婦にも、初外観全貌お披露目。

何度経験してもこの瞬間はドキドキものです。。
設計時、何度も模型や図面で確認検討して、現場でも
足場越しですが何度も見ているのに、やっぱり全体を
なにも邪魔されずに見るというのは違う物なんです。

如何ですか?白と黒のバランスが中々良い感じかと(^^)
今回のポイントでもある2階の黒い箱も良い感じで主張して
くれています(^^)v

内部も壁紙がほぼ貼り終り、電気屋さんが照明器具や
エアコンの取付けをしてくれています。
今週に建具の吊込み、家具の取付けが行われてほぼ内観は
完成の予定です。

今回南の軒をかなり深く取っているので「部屋が暗くならない?」
とご心配されていた奥様から「充分に明るいですね」とのお言葉を
頂いて一安心(^^)
明るさの間隔は人それぞれなので気を使う処です。

外部は浄化槽が設置されましたから、これから外観の
もう一つの見せ場である、コンクリート打放し仕上げの塀を
含め、工事がどんどん進んで行きます(^^)/

2012-09-10 『名手の家』 現場進捗状況報告

Written 9月 10th, 2012

すっかりご無沙汰してしまいました。。。

朝夕は少し涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が
続いていますが、皆様お元気ですか?

最近はほぼ毎日と言って良いほどの集中豪雨がありましたが、
被害などあわれていませんか?
(夕立と言うには凄すぎましたね。。)

雨は現場にとっては大敵なんですが、直晴れてくれるので、
あまり影響は受けずに進んでおります。

ブログの更新をさぼってる間も、色々と打合せや現場確認
の為に現場には行っていたんですよ。
(現場監理してるので当たり前なんですがね。。)

建築主さんとタイルや床材・壁紙の色を大きなサンプルを取り寄せて
決めたり、特注でお願いするキッチンの水栓位置の確認にショールームに
ご一緒したり。

 

現場で外壁の左官塗りのパターンの確認をしたり、


足場を外す前に、外してしまうと手直しが出来なくなる部分の施工状況を
確認したり、

現場には週に1~2回は足を運び、2週間に1度は建築主さんと
打合せや状況報告などを行っておりました。

次現場に行くときは足場がはずれて建物の外観の全貌が
明らかになっている予定、今回は屋根と同じ地上げを2階外壁にも
使うなど、特徴的な外観なので現場に行くのが楽しみです(^^)/

 

2012-07-19 『名手の家』 現場進捗状況報告

Written 7月 19th, 2012

梅雨が明けた途端に、あの梅雨の雨はなんだったんだと
思わせるほどの連日の猛暑日、皆さん夏バテしてませんか?

僕は事務所での仕事の際はエアコン無しの扇風機のみで
頑張ってるんで、確実に昼間の作業性が悪くなっているような。。
いくら節電とはいえ、作業性悪いとなんのこっちゃ判らないので
心折れそうになる事もありますが、元々エアコンの風が苦手なので
もう少し頑張ってみようかと思います。

現場では職人さん達が暑い中、エアコンなんて有り得ない中、
汗水流して頑張ってくれてるんですもの、それに比べれば。。。

さて、そんな猛暑日が続く中、先にも述べた通り、職人さん達が
頑張ってくれている『名手の家』現場、雨に悩まされる事が無く
なりましたから、順調に進んでおります。

屋根も綺麗に葺きあがりました、
この大きな片流れの屋根が今回の大きな見せ場でもあります(^^)

先週の土曜日に建築主さんと隔週の定例報告&打合せを行い、
その後に場監督、電気屋さん、板金屋さんと立て続けに朝一から
お昼過ぎまでビッチリ打合せを行いまして、本日も電気屋さんと
現場にて室内天井の照明位置の打合せを行いました。

一々現場での打合せが必要になり、職人さん達には迷惑を掛ける
事になりますが、図面で納まっていても、現場で確認しながら進めて
行かないと、スケール感の修正などが出来ずに、とんでもない空間に
なってしまう事もあるので、手間は惜しまず確認しながらの作業が
大切です。

かなり細かい事まで打合せするので、完成したらだれも気付いてくれ
ないんだろ~な~。。。なんて思う事もあるんですが、そこに気を使うか
使わないかで、出来上がる空間は別物になると思います。

気付かれないほど繊細なディテールが大切なんですよ(^^)

次の打合せは建築主さんも交えて、キッチンのカウンター収納の収まり
と水周りの床材の柄についての打合せを行います。

現場は壁天井共に断熱材が入り、一部天井の下地材を貼り出して、
扉の枠の組み立ても始まったので、これから現場は行くたびに劇的に
変化していくので、次回現場に行くのが楽しみです(^^)

2012-06-29『名手の家』 中間検査

Written 7月 1st, 2012

梅雨の貴重な晴れの日、建築確認申請の中間検査を受けて
無事合格しました(^^)

6月12日の棟上以降、ほとんど雨という悲しい状況でしたが、
大工さんたちが頑張って作業を進めてくれたので無事この日を
迎えることが出来ました。

検査員さんが金物が申請通りについているか確認してくれています。
(当然、前もって大工さん、現場監督さん、僕(監理者)がチェックして
いるので 問題ないんです)

検査終了後は電気工事の打合せ、図面内容の再確認や外部に付く
照明器具の位置を一つずつ確認、日が暮れる間際までじっくり話し
合いました。

一般的には図面通りの位置につけとけば良いんでしょ?って現場も
多いのかもしれませんが、その位置が実際どのように見えるのか、
使い勝手はどうなのか?やはり現場で無いと確認できない事が
多くあります、手間の掛かる事ですが、その一手間で出来上がりが
まるで違って来ます。

職人さん達にとっても面倒な事だと思いますが、その事を良く理解して
くれていて、専門職の知識で適切なアドバイスを頂いて、とても有意義な
打合せが出来ました。
現場監督さん、電気工事会社の社長さん、現場担当の職人さん、長時間
の打合せ有り難う御座いましたm(_ _)m

写真は足場に上って、照明の取り付け位置に印を付けてくれているところです。
「もう5センチあげましょうか~」「ん~、もし20センチ上げたらどんな感じですかぁ」
なんて会話をしております(^^)

次は内部の照明スイッチとコンセントの位置確認を建築主さんを
交えて行う予定です。

時間は掛かりますが、納得の住まいづくりの為に手間は惜しみません。

2012-06-12 『名手の家』 祝 上棟!!

Written 6月 12th, 2012

今日は暦では建築吉日、とっても梅雨らしいお天気だったのですが
『名手の家』の上棟式が行われました。
昨日の天気予報ではお昼から雨との事だったので、大工さん達が
頑張って昨日のうちにほぼ形にしてくれたので、午前中には野地
仕舞いまで行ければと思っていたのですが、思ったよりかなり早く
降り始め、2階梁(一部小屋束立てまで)を廻したところでブルーシート
で養生、残念ながら棟の上がらない上棟式となってしまいました。

まぁ、梅雨の季節、天気には勝てません、安全第一です。
明日には雨は上がりそうなので、明日からまた大工さん達に頑張って
もらいましょう。

雨降って地固まると言いますし、神事の雨は天からの贈り物、無事今日
という日を迎えられた事に感謝して明日から素敵な住まいづくりの為に
皆で力を合わせて頑張って行きます。

ちょっと遅くなってますが、この後家に帰って建築主さんから頂いた
お弁当とビールでボッチプチパーティを開きたいと思います(^^)b
(寂しいヤツって言わないで。。)

シートの養生で判りづらいですが、中々の迫力です(^^)
これからは現場に行くたびに状況が変わりますから、現場に行くのが
楽しみです。

上棟式の後、大工さん達が帰った現場で建築主さん御夫婦と打合せ、
前回の打合せで屋根の色とサッシの色は決めて頂いたのですが、その時に
方向性を決めて、サンプルを取寄せていた外壁や樋の色の打合せ等を行いました。

これから最低2週間に一度は建築主さんと現場でお会いして、工事の進捗状況
の説明や打合せを行って、10月の完成目指します。
僕は監理者として最低週1回、時期によっては週に2~4回現場に行く事になります。
回数が大切な訳ではないですが、良い建物を立てる為には現場の職人さん達との
意思の疎通が大切になるので、足しげく通わせて頂きたいと思います(^^)