建物探訪

受け継がれる『想い』

Written 10月 13th, 2015

今年、開創1200年で賑わう高野山の玄関口『高野口町』
その町の正に玄関口である『高野口駅』の前に建つ、
元旅館『葛城館』(かつらぎかん)をご存知ですか?

明治後期に建てられた木造三階建てで、二方面が硝子張り
の繊細かつ大胆で、迫力有る姿が人の目を引き付ける魅力
的な建物で、2001年に国の登録有形文化財に登録されてい
ます。

残念ながら、今は営業されておらず、普段は中に入らせて
頂く事が出来ないので、機会があれば是非、中も見学させ
て頂きたいと常々思っていたのですが、『和歌山サローネ』
の会場の一つになっていると言う事で、少し足を伸ばして
見に行って来ました。
(※公開期間は10/12で終了してます)

二方向硝子の建具が入っただけの開放感ある木造三階建て
の外観、圧巻でしょう?いつ見ても見惚れてしまいます。
葛城館外観1

葛城館外観2

葛城館の前に建つ『高野口駅』も情緒ある木造駅舎です。
高野口駅

中には歴史を感じさせる貴重なものが沢山、ワクワクです^^
葛城館内部1

展示されている作品も空間の魅力を引立ててました。
(これ、建物メインの目線ですよね、芸術メインの方だと
空間が作品を引立てるとかって書き方をされるハズ)
葛城館内部2

葛城館内部3

住まい手さんに貴重なお話しを色々聞かせて頂いたのですが、
数年前に大掛かりな改修をされて、長年放置されていた建物
を蘇らせたそうです。かなりの大きさなので、後ろ半分は潰し
て住居として建て直し、前半分を家起しをして建築当初の姿
に戻されたそうです。

それには、想像以上のエネルギーと時間とお金が必要だった
と思いますし、これから維持していくのも簡単では無いでしょう。
それでも住まい手さんを突き動かしたのはなにか?
それは「自分達の代で、この建物を壊す訳には行かない」との
想いだそうです。

古い建物は当然老朽化していますし、耐震性等にも不安があり、
良い建物だから残すべきだと言うのは簡単ですが、現実的には
かなり難しく、残念ながら残る建物より取り壊される建物の方が
断然多いのが現状でしょう。

それでも、残す道を選ばれた『葛城館』が、これからも沢山の人
に愛され、町のランドマークとして受け継がれていく事を願って
います。

建物をつくる側の人間として、自分達がつくり出す建物が、人に
愛され続けて貰えるだけの魅力あるものになるよう、日々切磋
琢磨して行きたいと、改めて思わせて頂きました。

念願の内部見学&芸術鑑賞、満喫させて頂きました。
展示されている作品と空間の相乗効果、素晴らしかったです^^

『和歌山サローネ』では、他にも色々と旅する気分で芸術を幾つか
楽しませて貰いました、そのお話しは又機会に^^

直島への旅の途中から

Written 6月 9th, 2013

すっかりご無沙汰してしまったブログの更新。。
その間、お陰様でとても充実した日々を過ごして
いて、すっかりこちらが疎かに。。 まぁ、いつもの
ことですな。

その間の報告をと思ったんですが、書きかけて単なる
愚痴にしかならないことに気が付いたのでやめときます。。

今このブログはパオの中で書いてます。
と言っても海外では無くて、日本なんですが。。。

昨日から、和歌山建築士会和歌山市支部の研修旅行で
四国経由で直島にきているんです、念願の直島に(≧∇≦)
妻からはかなりのブーイングが起きてるんですが。。
まぁ、またそのうちに。。。

和歌山は昨日何度も大きな地震があったようですが、
大丈夫でしたか?うちはみんな無事で写真立てが
倒れた位で済んだようです。
こちらでは揺れを感じませんでした。
これ以上大きな地震がこないことを願います。

昨日は香川でイサムノグチ庭園美術館で石の無言の語り
かけに耳を傾け、潮風を全身で感じながらフェリーで
直島に入り、I♡湯で汗を流してから港で赤カボチャ?を
見て、直島に来たんだ〜って実感してからお宿入りしました。

20130609-063433.jpg

20130609-064551.jpg

赤カボチャの中って入れるんですね、お宿の近くで
見つけた黄色の方は黄色の方は小ぶりで入れません
でしたが、そちらの方がメディアで良く見かけるのかな。

夜はBBQして、その後は海辺で酒盛り(^ ^)
十時過ぎには撃沈してしまったようで、よく寝て目覚めても
予定よりかなり早い時間なので、波の音を聞きながら
このブログを書いています。

パオは中々快適です、年配の方々には不評のようですが。。
人気で予約取るのが難しいみたい。
準備頂いた担当者さんに感謝(≧∇≦) って、確か僕もその
一人のはずなんですが。。。 まぁそこはホレ。。有難う^ ^

20130609-065417.jpg

20130609-065503.jpg

今日は家プロジェクトや地中美術館などを見学予定、
かなりの過密スケジュールのようですが、天気も
よさそうだし、直島を満喫、芸術に浸かりたいと
思います\(^o^)/

秋葉山プール工事現場見学に参加してきました。

Written 11月 22nd, 2012

すっかりご無沙汰してしまいまして御免なさい、実は先週ほぼ1週間、体調
崩して寝込んでおりました。

最高体温39.6度(当家体温計による)を記録。。
一緒に寝込んでた息子の「マイコプラズマ」を貰ったのか、潜伏期間を考えると
2週間ほど前に寝込んだ娘もじつはコレだったのか。。。

で、先週はゆっくりとさせて頂いたので今週はその後始末でバタバタと過ごし
ておりました。

最近は『某福祉施設』の現場が動き出したばかりなのと、『藤白の家』は工務店
さんと最終の金額的な詰めを行っている処なので、夏に比べて雲泥の差で少し
のんびりとさせてもらっています。

ここのところ、フィスブックを初めて、日ごろの報告はそちらで済ませてしまっていて、
このブログは現場の進捗報告ばかりだったんですが、もっとそれ以外の事もこまめに
書いていきたいなって思っておりまして、手始めに先日参加した見学会のリポートを
載せさせて頂きます。実はこの見学会、(社)和歌山県建築士会和歌山支部 研修
員会の主催なんですが、僕はここの委員としてお世話になっておりまして、参加した
と書きましたが運営側でした。で、会報誌への報告記事を仰せつかりまして、折角
書いたんで、ブログでも利用させてもらおうって安直な考えです(^^)

結構完成を心待ちにしている親御さんも多いと思いますので、状況確認にどうぞ(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015年開催の国体に対応出来るようにと、現在建替え工事が進められて
いる秋葉山プールの見学会に参加させて頂きました。

私事ですが、以前の秋葉山プールは父が県職員として建設に関わったと幼少
のころより聞かされており、また家から自転車で15分掛からずに行ける事もあっ
て、夏になると毎日のように遊びに行った思い出の場所ですし、今は小さな子を
持つ父として、少しでも早くの一般開放を望む一市民としても、興味深く見学させ
て頂きました。一般開放は来年の夏の予定との事で一安心、工事は遅れている
そうですが、地域の父親を代表してなんとか間に合わせて頂く様にお願いさせて
頂きました。

まず初めに現場から少し離れた現場事務所で、梓設計担当の方より計画のコ
ンセプトや概要、西松・初島・後JV担当の方より工法や現場の見所、注意事項
等を説明頂いてから現場へと向かいました、現場に着くと元駐車場であった場
所まで建物が建っていました、今回の駐車場は建物の地下1~3階に計233台
分が設けられているそうです。

今回の計画のコンセプトは「樹林の中のプール」の継承で、秋葉山の緑と一体
になる素敵な計画になっています。遊泳用の屋外プール、25m・50mの競泳用
屋内プールが有り、50mプールの床は浮き床式で国際基準に対応した2mの深
さを最大に水位の調整が可能になっており、さらに中央の床だけ浮上させて25m
プールに分ける事が可能なのだそうで、なんだか子どものころ観たSFアニメを思
い出しました。この浮き床は国内でも数例、間仕切るのは初めての試みになるそ
うです。そしてもう一つの見所は50m屋内プールの屋根トラス、こちらを施工する
為のスライド式の足場も、巨大ロボットの整備工場を髣髴とさせる迫力がありまし
た。このトラスは地域材の杉と鉄のハイブリットになっており、天井には木製のル
ーバーが採用されています、プールで木って大丈夫?と前回のプールが40年使
われた事を思うと疑問は残るのですが、中々迫力が有りながらも、天井と壁の間
の窓から木々の緑も見えてる事も有り、屋内で有る事の閉塞感を和らげている様
でした。

工事はまだ仕上工事がこれからという状況でしたので、完成の際にも是非見
学をさせて頂きたいと思います。最後になりましたが、お忙しい中、快く迎え入
れて頂き、丁寧な説明と案内を頂きました工事関係者の方々に感謝致します、
有り難う御座いました。

研修委員会委員 山中淳

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~