生涯学習

きのくに建築賞2016

Written 8月 29th, 2016

今朝は台風10号の影響で和歌山県全域にも大雨洪水警報が出ていますね、
大きな被害が出ない事を願います、出掛ける時には気をつけてくださいね。

この悪天候の週明けとは違って、この週末は猛暑は少し和らぎましたが、
凄く良い天気でしたね。

そんな中、和歌山の優れた建築を選ぶ賞の公開プレゼンが有りましたので、
聴きに行ってきました。

きのくに建築賞2016 ポスター

残念ながら全ての方の発表を聞く事は出来ませんでしたが、発表者の建築
やクライアントとの関り方、考え方、そして苦悩、様々な条件の中で最善
の建築をつくる為の努力を惜しまず、建築と向き合う姿勢、想いを感じる
事の出来るお話しを聞かせて頂き、良い刺激を頂きました。

和歌山では以前、県内の優れた建築を称える賞があったのですが、色々な
事情で長らく途絶えていました。

でも、やはりこのような賞は必要だろうと建築家協会が声を上げ、建築士会、
建築士事務所協会と共同で今年『きのくに建築賞』が初めて開催されました。

実は私も当初、少しだけ賞の立ち上げに関らせて頂いたのですが、ろくに役
にも立たないまま、三会共同開催に移行する段階で役からも外れて、引き続
き尽力頂いた方々に申し訳ないなとの想いも有ったので、少しでもお役に立
てればと、今回頑張って5作品エントリーしたんですが、残念な結果で。。
(他の方に聞いた話しではエントリー数は最多だったそうです。
まぁ、少しはお役に立てたのかな。。^^)

ファイナリストに選ばれた方々のプレゼンを聞かせて頂き、公開審査も聞か
せて頂くと、何故その7作品が選ばれたのか、また最優秀賞、優秀賞が何故
その作品になるのかが、ひしひしと伝わってきて、自分の弱さ、思い上がり、
怠慢さ、努力不足を露呈されたような、何とも言えない気持ちになりました。

まだまだ未熟ですね、ふんどし締めなおす気持ちで日々精進して行きたいと
思います。

最後になりましたが、関られた全ての皆様、お疲れ様でした、このような賞
を和歌山につくって頂き有難う御座います、『きのくに建築賞』が今後も永く
続き、発展していく事を願っております。

きのくに建築賞2016 公開プレゼン

新しい年度の始まり

Written 4月 2nd, 2016

四月に入りましたね、まだ夜は肌寒いですが、桜も見ごろを迎えて、
春真っ盛り、年越しとはまた違った新しい年が始まりました。
1日は花見をするには生憎の雨でしたが、天からの贈り物で地が清め
られて、一つの節目として、相応しい日だったように思います。

昨年度は、事務所開設後初めて、県の公共工事設計にも関らせて頂き、
今まで以上に年度末を意識する年になりました。
4月に入り、参加させて頂いている団体も新体制への移行が始まって
います。今年度も幾つかの役を受けさせて頂く事が決っているので、
忙しい年になりそうです。
でも、折角参加させて頂くのであれば、渦の真ん中に居ないと楽しく
無いですから、大変ですが頑張りたいと思います。

仕事の方もお陰様で、今年は幾つかのプロジェクトが動いており、
大変充実しております、有難う御座います。

プライベートでは娘が小学六年生になり、小学生最後の年です。
既にあんまり遊んでくれないんですが、中学生になったら尚更。。。
仕事にばかりかまけてないで、家族との時間も大切にして行きます!!
(出来るだけ。。。)

下の写真は一日に届いた『建築士定期講習』の案内、建築士が3年
に一度、受講が義務付けられている講習会です。
丸一日かけての講習は大変ですが、しっかり学ばせて頂きます。

建築は奥深く、技術も日々進歩するので、講習を受けていれば良いと
いう物では無く、生涯学びつづける事が大切です。
今後もアンテナを大きく広げて、広く深い学びに精進します。

建築士定期講習案内

決意も新たに、本年度も建築を通して、素晴らしき “場” づくりの
お手伝いをさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

日々情報収集

Written 10月 22nd, 2015

先週の事に成りますが、大阪のATCで開催されていた、
『LIVING&DESIGN2015』という建材展示会に行ってき
ました。

リビング&デザイン

日々業務に追われる中、1日日を空けて出掛けるのは
正直大変なのですが、展示会等には出来るだけ出掛
けるようにしています。

ネットに情報が溢れている時代、情報収集だけなら態々
遠方に出掛ける必要は無いのですが、やはり実物を見
て触れる事ができ、その材料への想い等を直接聞く事
が出来る事は、大変貴重で大切な事だと考えています。
物が溢れている時代だからこそ、生きた情報を得る事が
大切ですし、建材だけでなく、展示空間を体感する事は、
自分達が展示会をする時などの参考にもなります。

設計者として、住まいづくりを検討中の方やクライアント様
に、専門家として最新且つ最良のお話しをさせて頂ける用、
日々情報収集を行なっておりますので、何か判らない事や
疑問に思う事、住みたい空間のイメージはあるんだけど、
どうしたら良いか判らない等々、どんな些細な事でも気軽に
相談してくださいね。

建築士定期講習会

Written 2月 24th, 2014

とっても天気の良い月曜日、一日和歌山ビック愛の
12階大会議室で缶詰めです。
建築士が業務を行う上でとても大切な講習会です。
とっても眠たいですが、最後に考査も有るので頑張って
勉強します。

20140224-110129.jpg

講習なのを忘れてて、電話連絡頂いて、慌てて駆け付け
たってのはココだけの話し。。。( ̄◇ ̄;)

建築士は常に勉強し続けています(^^)v

Written 2月 19th, 2013

寒いです、昨日から降り続く雨が雪に変わりました。。

こんな日は体と一緒に脳みそも縮こまってしまいがちなので、
脳をほぐしがてら、長いこと報告できてなかったネタでブログ
更新を(^^)

でも、この雪、明日にはやんでくれますよねぇ。。

明日、藤白の家の棟上なんですが。。

まぁ、天気予報では大丈夫ですし、これだけ降ればって思い
ますし、明日はきっと晴天でしょう!!

でも、さっき工務店の社長とお話したら、今日は現場で先行
足場の施工を行ってくれているらしく。。

寒いだろうな、危険だろうな。。 無理せず、事故の無い事を
祈ってます。
(社長も職人さん達には無理しないようにと言ってるらしい
から今は休憩してるかも)

さて、明日は晴天と信じて本題へ。

少し前になってしまいますが、1月29日に僕が所属する
(社)和歌山県建築士会和歌山市支部研修委員会
主催で会員向けの研修会を行いました。

タイトルは

『これからの家つくりVol.02
~住まいのLAN環境、現在と未来~ 』

と題して、講師の先生に
株式会社 GLANCE
代表取締役 松崎 圭志 氏
をお迎えしました。

松崎さんとは以前から共通の知人を介して、顔見知りだったんですが、
共通の知人ってのが僕の幼いころからの悪友なんで、多分ろくな印象
じゃ無かったと思います。。。

それがたまたま別の共通の友達のバースディパーティでお会いしまして、
お互いの仕事に対する熱い想いをなんて感じで話が盛り上がりまして、
そこで「ちょっとした配慮をしておいて貰うだけで、大きなコストを掛けず、
将来のホームシアター対応とかもやり易くなるのに」って話が出まして、
「その事を建築士さんに広く知ってもらえる場所はないかな?」と相談を
頂き、丁度研修委員会での企画を検討中だった僕から是非にとお願い
して、この講習会を行うことになりました。

いやぁ、人の繋がりに感謝(^^)v
家族のみなさ~ん、お父さんは夜な夜な出かけても遊んでるばっかじゃ
ないんですよ~!!

講習会ではホームシアターに限らず、LAN環境の今後や、有線と無線の
使い分け方、またスマートハウスが今後どのようなシステムに移行して
行くかの予測等、実験を交えながら判りやすくお話し頂きました。

最後の質疑応答にも参加者から多くの質疑が出て、大いに盛り上がりま
した。

講師の松崎さん、ご苦労様でした有難う御座います。

参加頂いた皆様にも感謝です。

建築士は建築士法にもうたわれているのですが、常に知識向上を
心掛け、情報収集を怠らないように勉強しているんです。

でも、中には。。。

建築士の資格はあくまでも資格、持ってれば良いって物では無いと
思います、時代も技術も進んでいくのですから。

あなたも、もし建築士に仕事を依頼することがあれば、勉強熱心な
建築士を選んでくださいね。

( あ、ブログ書いてるうちに雪止んだようです(^^) )

和歌山大学の講義を受けてきました。

Written 2月 16th, 2013

2月16日、今日の午後、和歌山大学システム工学部環境システム学科
お邪魔して、ある講義を受講させて頂きました。

大学生でも無い僕が何故講義を受ける事になったにかと言いますと、
同学科建築研究室の本多友常教授の同大学での最後の講義が行われると
言うことで伺いました。

その時の様子は早速大学のWebページでも紹介されていますね。

20130216-211656.jpg

講義には在校生はもちろん、沢山の卒業生や僕のような社会人も多く来られて
いて、本多教授の人望が伺えました。
(なんだか同窓会に紛れ込んだような不思議な感覚でした。。)

講義の内容は本多教授が40年に渡り、建築とどの様に関わられて来たの
かをお話し頂きました。
40年と言うとほぼ僕の人生と同じ歳月を建築と共に歩まれた訳ですから、
1時間半程度の時間で納まる訳もなく、とても駆け足な物でしたが、教授の
お考えには共感する処が多くありますし、大学に通った事の無い僕にとって
はとても楽しく、貴重で新鮮な時間でした。

20130216-211751.jpg

最後には生徒さんから花束の贈呈も(^^)

20130216-211803.jpg
講義の最後の挨拶で本多教授は「私は和歌山が大好きです、
和歌山は第二の故郷、これからも和歌山に関わって行きたい」
と仰っていました。

日本、いえ世界を又に掛けて活躍される方に愛して頂ける魅了的
な和歌山、そこに暮らす僕たちは、その魅力を知り、自信を持って、
積極的に街と人と関わりを持って行くべきだと、また、建築に携わ
る物として、まだまだやるべき事が沢山あるはずだと、勇気を頂き
ました。

講義の後、本多教授と積もるお話をとも思いましたが、わざわざ
駆けつけた卒業生の皆さんの方が、久しぶりに会う恩師との積もる
話しが沢山あるだろうなと思い、邪魔にならないように、ご挨拶だ
けして帰ってきました。

最後になってしまいましたが、僕にとって本多教授はいくら感謝
しても足らない恩人です。
(僕には有り難い事にそのような方が数名いらっしゃいます)

独立して2年程たったころ、高野口小学校の保存再生に取り組
まれていた教授が、たまたま知り合った僕を大学の産学研究員
として迎え入れて下さり、田舎の個人事務所の建築士では中々
関わる事の出来ないような経験をさせて頂き、その後もNPO法人
環境創造サポートセンター のメンバーとして、何かと気に掛けて
頂きました。

その時も、その後実施設計が始まった際にも、大して役に立てなか
った僕なのに、昨年『高野口小学校』がグッドデザイン賞を受賞した
際にはデザイナーとして末席に加えて頂きました。

本当に感謝してもしきれませんが、いつお会いしても胸をはって、
共に建築について語り合えるようになれるよう、日々精進して行く
事が一番の恩返しだと思っています。

教授は残念ながら和歌山大学は去られますが、(非常勤講師としては
残られるそうですが)今後も他の大学で教授として教壇に立たれるそう
で、今後もお忙しい時間を過される事とは思いますが、ご自愛頂き、
益々ご活躍される事を楽しみにしております。

本多先生、有難う御座いました。
今後とも宜しくお願い致します(^^)