想い

地震に備える事の大切さ

Written 4月 15th, 2016

昨晩大きな地震が熊本県でおきましたね、お住まいの地域は
大丈夫でしたか?

私の住む近畿地方では大きな揺れは感じませんでしたが、震源地の
熊本では最大震度7の揺れ、余震も多く死者も出て、甚大な被害が
出ているようで、夜遅くの地震でしたから、これから本当の被災状
況が判てくるのでしょうね。

このような際の適切な言葉が中々思いつかないのですが。。

地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、これ以上被害が広がらない事を願っています。

 

地震が起こると職業柄、建物の被害状況がどうしても気に掛かります。

地震の被害といえば、家屋の倒壊による被害、木造家屋が倒壊した
画像が新聞やニュースで多く取り上げられる事からか、木造は鉄骨造
や鉄筋コンクリート造に比べて耐震性が低いと思われている方が多い
ようです。

でも、けしてそういう事ではありません。

倒壊している木造家屋は古い物が多く、地震に耐える壁が不足して
いたり、壁が配置される位置が悪かったりしているのです。

きちんと検討されて建てられた建物は構造に関係なく地震に耐えてく
れます。

但し、建物の耐震性を考える基準は人の命を守る事を基準に決められ
ているので、大きな地震で倒壊はしなくても被害は出る事もありますし、
家具の転倒による被害も多いので、過信は禁物ですよ。

偶然ですが、今朝仕事場に来るとデスクの上に、昨晩帰る前に書きかけた、
『木造耐震診断業務への参加意思等の確認について』がありました。

早速、参加するに○を付けて、FAXしました。

毎年、多くは無理なのですが、仕事の合間に数件調査をさせて頂いて
います。

耐震診断参加

耐震改修を行なうには、行政の補助金があるとはいえ、費用が掛かるので、
診断結果が悪いからと、どなたでも直ぐに改修出来る訳では無いと思いま
すが、今自分達が住んでいる建物の状況を判って頂く事だけでも、命を守
る事に繋がるのでは無いかと思い、微力ながら参加させて頂いています。

家はあなたやご家族の安らぎの場で、生活を守る大きな器です。
でも、災害時には凶器に変わる可能性も有ると言う事を理解頂き、日々の
備えを行なって頂ければと思います。

また、新築される時にも、素敵なキッチンも大きなお風呂も魅力的ですが、
骨組みをしっかりとつくる事の大切さもご理解ください。

たとえばなし

Written 3月 28th, 2016

いよいよ3月最後の週が始まりましたね。平成27年度も終わりお迎
えます。。
1月は行って、2月は逃げて、3月は去っていく。。
その先の4月は。。 信じられれないくらいハッピーな事がまってる!!
はず。。

さて、本日のお話は、
この前のブログで少し触れましたが、先日の勉強会のリハーサルで
「判り易い」ってお褒め頂きながら、すっ飛ばしちゃった例え話を折角
なので書いてみました。

あなたは熱が出てしんどい時にどうしますか? 風邪引いたと思って
薬局に行って、風邪薬を買いますか?それとも、病院に行ってお医者
さんに症状をお話しして薬を出して貰いますか?

どちらにしても“薬”は手に入りましたね、もしかしたら同じ“薬”かも
知れないです。でも、その薬を手に入れるために取った行動はまるで
違います。

Aさんは自分で症状を判断して、自分に合うであろう薬を手に入れた。
Bさんは自分で判断せずに、病院に行って自分の症状に有った薬を
処方して貰った。

Aさんの行動力は素晴らしいですね。でも、もしかしたらAさんの
病気は風邪では無くて、他のもっと恐ろしい病気なのかもしれない。。

Bさんはただの風邪で、わざわざ病院に行く必要の無い程度の病気
だったかも知れない、でもそれは病院で診察して貰ったから判って
事ですね。Bさんはお医者さんに診察して貰い、安心して処方して
貰った薬を飲む事が出来たと思います。

私達設計者がお役に立てる事は、お医者さんの役割に近い処が有り
ます。かっこいいデザインの家を設計する事も重要な事ですが、建主
さんのお話しに耳お傾け、その人、そのご家族の為の処方箋(設計)
をつくり、判りやすく説明して、納得、安心して住んで頂ける住まい
づくりのお手伝いをさせて頂く事が重要な役割だと思います。

100の家族があれば、そのご家族に合った住まいは100通りです。
趣味趣向、家族構成、土地の条件、生活スタイル、将来設計、大切
にしたい事。考えなくっちゃいけない事は沢山あります。それらを
一つ一つ紐解いて、納得して設計を進めていく、現場が始まっても
一緒に考えながらつくり上げていく、あなたの為、ご家族の為だけ
のオンリーワンの住まい、一緒につくりませんか。

桜森町の家

自然素材との付き合い方

Written 2月 15th, 2016

自然素材の良さについてあらためて考えさせて頂く機会を
先日頂きました。そんななかで思い出したのが、数年前に
地元地方情報誌に掲載頂いたコラムのこと。

自然素材と人付き合い、最近後者に少し思うところがあっ
たんですが、読み返してみて、なんだか元気を頂きました。

噛んで噛んで噛みしだいて、存分に独特の味を味わってや
ろうっと^^

~~以前のコラム~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は住宅でも店舗でも、靴を脱いで上がる床には無垢の
フローリングをお勧めしています。それは足に伝わる感触
が他の素材とはまるで違い、木の持つ何ともいえない柔ら
かさと優しさがあるからです。
床に限らず、直接肌が触れる場所は出来るだけ自然素材で
つくるのが良いと思います。
中には「無垢のフローリングは反ったり傷付いたりする
し、メンテナンスも大変なんでしょう?」と言われる方も
いらっしゃるのですが、そんな時私は「自然素材は多くの
心地よさを与えてくれます、その分こちらもお返しをしな
いといけないですよね、それがメンテナンスだと思ってく
ださい、人との付き合いと同じで、相手に何かを求めるだ
けでは駄目なんですよ。長所と短所があるのも人と同じで
すよね。あと、使えば使うほど独特の味が出て来るのも無
垢材の魅力ですが、そこも人と深く付き合うことで、最初
の着飾った姿だけでは判らなかった魅力に気付くのと似て
いますよね」とお話します。

木が反ったり・すいたりするのは呼吸している証拠でも
ありますし、傷が付きやすいのは柔らかいからこそです。
「手の掛かる子ほど可愛い」と言いますが、自然素材の持
つ短所も見方を少し変えてやると大きな魅力になるのでは
ないでしょうか。

あなたの肌で感じる住まい、素敵だと思いませんか。

恩送り~今の自分に出来る事~

Written 2月 8th, 2016

先週末、和歌山工業高等学校の学生さんからお手紙を頂きました。

和歌山工業高校建築科の1年生、先月1月にインターンシップ生として、
うちの事務所に来てくれた彼。

「何故建築科に進学したの?」の質問に「特に建築に興味があったわけじゃ
なくて、学力的に行けそうなところをえらんだだけです」と答えた彼。

届いた手紙には「僕も将来建築関係の仕事になろうかなと思います」と書か
れておりました。

文章的にちょっとおかしいけど、彼なりの気遣いが入った言葉だろうけど。。

うちに来てくれた事がきっかけで、少しでも建築に携わる仕事に興味を持っ
て貰えたんだとすれば嬉しいです。

昨今、人口減少・低価格競争等々、建築業界を取り巻く環境は年々悪化して、
建築に『夢』を持ちにくい時代になってきていると言われていますが、建物を
つくると言う事は人の生活の場をつくり、その建物の集まりが街をつくる。
そんな素敵な事に関われる建築の仕事は時代に関係なく楽しいですし、建築
の有り方や私達の関わり方は変化していくと思いますが、人の生活に建物が
不要になる事は無いと思います。

だからこそ、今この業界で働いている自分達がこの仕事に誇りと夢を持って、
子ども達に憧れて貰える様な仕事をしないといけないですね。

16歳の頃から建築の仕事に携わり、気が付けば40代半ば。
なんとか今でも大好きな建築の仕事で生活出来ているのは、沢山の方に色々
な事を教えて頂いたり、助けて頂いたお陰です。
ほんと「おかげさま」って深い言葉ですね~

そろそろ『ええ歳のオッサン』、自分を磨き続ける事は今まで以上に大切にして
いきますが、皆さんに渡して頂いたバトンを次の人たちに渡していかないといけ
ないなぁ~、頂いた“恩”を送っていかないといけないなぁ~なんて事をあらため
て考えさせて頂きました。

N君、有難う^^

和歌山工業高校インターン

 

日常を彩る仕掛け

Written 1月 5th, 2016

年初め、ちょっと正月気分が抜けなくて、ゆるりと仕事を始めております。
そんな中、Webニュースで見つけた、楽しい記事。

店舗なんかで、たまぁ~に見かけるユーモア溢れる蛇口、
こんなの使ってるの見つけると大人でもワクワクしますよね^^

商品も魅力的ですが、この会社の物づくりへのこだわりに凄く共感しました。

住宅の設計はけっこう大変なんです、手間は掛かるは、責任重大だは。。。
でも凄く楽しいんです。
人の家つくるのに楽しいなんて不謹慎?そんな事は無いはず、つくり手が
楽しくなくて、住む人が楽しく快適に暮らせる住宅を建てれる訳が無い。

関西だからって笑いにこだわるって訳では無いんです、
住まい手さんに日常の中でワクワクして貰いたいんです。
「心地の良い風の通り道がある」「絵画のように景色を切り取った窓がある」
「窓から入る太陽の光が気持ちよい」「夜に照明を落として飲むお酒が最高なんだ」
とか、住まい手さんの拘りや想いを大切にしながら、さらにワンプライスを加える、
永くその住まいを愛し続けて貰えるように願いを込めて。

住宅は日常の場だから、快適に暮らせるのは当たり前。
そこに、少しでも良いから日常を彩る仕掛けをつくる。
ナンバーワンよりオンリーワンな住まいづくり。

「そんな住まいづくりを続けて行きたい」 それが私の願い。

 

謹賀新年

Written 1月 2nd, 2016

新年明けましておめでとう御座います。
旧年中はお世話になり有難うございました、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
あなたにとって幸多き年になりますように
願っております。

2016年 年賀状

昨年後半から、今までの様々な取り組みが少しずつ
ですが、一気に動き出して来ました。
今年はその事を素敵な形にするために頑張ります!!
また、未来に向けての取り組みも、引き続き沢山の
種を撒いていきたいと考えています。
やるべき事を一所懸命、やりたい事も一生懸命!!
時間は有限、想いは無限!!人との関わりを大切に
「今一歩踏み込んで」の想いで、心に引っ掛る事には
「主体的」に関わって行きます。
さぁ、今年一年『素晴らしき年』をつくっていきますよ!!

2020年蛍光灯、実質製造禁止の記事を読んで

Written 11月 27th, 2015

昨日、ニュースで知ったのですが、政府が政府は、蛍光灯と白熱灯について、
国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針
を固めたそうです。
朝日新聞記事

2020年と言うと後5年、かなり急いでますね。。
白熱灯は特殊な物を除いては既に国内の製造していませんが、引き続き蛍光灯も。
輸入も禁止となると、照明器具の選択肢はLEDのみと言う事になります。

まず、誤解の無いように書きますが、LED照明はとても良い物です。
電気消費量の少なさではダントツですし、寿命も長い、熱も持たないので、室内
環境への負荷も小さいです。それに蛍光灯のように、水銀も含まれていませんか
ら、廃棄やリサイクルもやりやすいんだと思います。
白熱灯は作りが単純な分、リサイクル性には優れていますが、消費電力や発熱量
を見ると勝負になりませんし。
実際、私が設計させて頂いた建物の照明器具も、ここ1~2年はほぼLEDを使
用しています。

ただ、私個人的には、LEDのなんだかギラつきを感じる明るさが苦手です。。
点光源だからと言う事もありますが、以前聞いた話しによると、LEDが発する
光の周波数は白熱灯に比べると狭いそうなのですが、それも関係しているように
思います。
たとえば、CDの音はキレイですが、音に深みが無く、音のよさはレコード盤に
劣るように、私個人が蒸留酒より醸造酒が好きなように、人には雑身と言うか、
目に見えたり聞こえたりしなくても感じる物が与えてくれる優しさがあるんだと
思います。
個人的に白熱灯の温かみのある光が好きなのですが、省エネは大切なので、
仕方がないですね。。

ただ、LEDには他にも今の段階では改善点が色々とあります。
光が広がり難く、光源の明るさに対して部屋が暗く感じたり、光調すると色温度
が変わらずに薄暗くなるだけだったり、電球の寿命=照明器具の寿命だったり。

でも、各メーカーさんも頑張ってくれていて、ここ数年の技術の進歩は素晴らし
く、以前に比べて良い商品が安価で出回ってきていますし、これからもどんどん、
進歩していくでしょうから、これからも良いものが出てくるのを楽しみにしてい
ましょう。
消費拡大で価格ももっと下がる事を期待しています、間違えても競争相手が
減ったからと高止まりにならない事を願っています。

まだ暫くは、適材適所で使い分けれればと思っていたので、あと5年と言う期限
を突きつけられて、少し困惑してしまいましたが、長所を見てLED照明だから
こそ出来る事を考えて、創作して行きたいと思います。

受け継がれる『祭』

Written 10月 14th, 2015

10月10日・11日の二日間、岸和田の海手を除く、
阪南地域は各地域のだんじり祭りで賑わいました。
義妹の嫁ぎ先が貝塚の半田で、毎年では無いけれ
ど、タイミングが合う時に家族で参加させて貰っ
ています。
今年は11日にお邪魔してきました。

子供達も祭り衣装に身を包み、気分は地元民^^
IMG_3635.JPG

だんじりと言えば岸和田が有名ですが、阪南地域
から和歌山でも紀北の一部(粉河や橋本)でも盛ん
なお祭りで、貝塚も岸和田に負けない程の盛り上
りで、毎回勢いよく曲がる山車の迫力にワクワク
します^o^
IMG_3639.JPG

山車に施された彫り物や装飾はとても繊細で素晴
らしく、荒々しい祭りのイメージと対照的な気が
しますが、山車が無骨な木の塊だったらと想像し
てみると。。やはり山車はこの形で有るからこそ
素晴らしいのだと判ります。
IMG_3641.JPG

地車の魅力の他に感心させられるのは、町ぐるみ
で、祭りが大切に受け継がれていると言う事。

町に賑わいを取り戻そうと、様々なイベントを企
画して、四苦八苦しながら運営している人達と関
わらせて頂く事が多い者としては、凄く羨ましく
も有りますが、受け継いでいく苦労は並々ならぬ
物が有るんだろうなと考えてしまいます。

物の継承、想いの継承、技術の継承、人の継承、
そして、それらを支える上で、やはり必ず必要に
なってくるお金の事。。

激しい祭りですから、事故や事件も多いでしょう。
11日も最後の周の時に勢い余って電柱に激突!!
って事もありました。幸い大事には至らなかった
ようで、良かったのですが、「よかったね」では
終わらないでしょうね。。

他にも盗撮容疑のおじさんが、警察詰め所に両脇
抱えられて連行されていったり。。

地域は変わりますが、10日泉佐野ではお一人の方
が亡くなられた悲しい事故もありました。

なにも知らないよそ者が、少し考えただけでも、
継承する難しさは山盛りです。

でもね、ヤッパリ町が一つになって盛り上がる祭り
が有るって素晴らしい事ですよね。

何かを受け継いでいく、それは誇らしくも、とても
大変な事だと思います、部外者が気軽に「羨ましい」
とか「これからも続けてください」とか言ってはい
けない事なのかもしれませんが、是非来年も遊びに
行きたいと思います。

少しでもお役に立てればと、出店で飲み食いしまく
った結果、満腹で夕食抜きになりました^^

想建築工房 設立10周年

Written 10月 1st, 2013

今日から10月、今年も残すところ3ヶ月ですか。。
時の流れの速さに翻弄されまくりです。。

朝夕は過しやすくなりましたが、日中は衣替えして
長袖ですごすにはまだまだ暑い日が続きそうですね。。

この季節、気温差と夏の疲れで体調崩される方が多いですが、
大丈夫ですか?

僕は元気なんですが、うちの子たちも少し咳き込んでます。

お互い体は大切にしましょうね(^^)

 

さて10月ですが、想建築工房にとっては特別な月。

準備期間もありますから明確ではないですが、事務所登録されたのが
平成15年10月17日と言う事で、開設日をその日とさせて頂いてます。

更に今年は特別の年です。

5年毎の更新、今年2度目を行いましたので、今年は設立10周年(^^)/
(あってますよね。。 10年目とか10周年とかややこしくて。。)

毎年、10月には気を引き締めなおしているんですが 、やはり今年は
特別な気持ち。。

様々な人に助けて頂き、素敵なご縁を沢山頂きながら、なんとかここまで
来させて頂きました、有難う御座います、感謝の気持ちで一杯です。

これからも「建築のことなら想建築工房に聞いてみな」って、皆さんに言って
頂けるよう、頑張って20年、30年と良い形で迎えられるように精進していきます。

今後とも『一級建築士事務所 想建築工房』を宜しくお願い致しますm(_ _)m

想建築工房 事務所登録