桃山の家

ゲストとプライバシー、白とシンプルにこだわった家です。リビングとダイニングの間にキッチンを設けた少し変った間取り、ダイニングは別名“家族室”生活の中心はダイニング。リビングはゲストをいつでも笑顔で迎えるために、生活感が出ない工夫が一杯です。

ダイニング:家族の生活の中心、素肌が直接触れる床にはコルクタイルを使用しています。
玄関:家族はシューズクロークにより家に上がる事で、いつでも綺麗な玄関でゲストを向かえる事が出来る。
外観・玄関:格子を設ける事で、道路側からの視線を和らげています。東西に長い建物ですが四角いBOXを幾つも積み上げたような外観にすることで、圧迫感を無くしました。また、南側の窓は塀で囲ったり、高い位置に設けたり、光を取り入れながらもプライバシーを確保するように配慮しました。