関戸の家

変形地に建つ家

20代のご夫婦の為の住まい、こだわりはシンプルで格好良く。
敷地は間口が狭く奥で広がった変形地、そこは設計者の腕の見せ処、敷地を無駄なく利用し、広がり感のある空間をつくりだしました。
北側は隣接する親世帯への日当たりを配慮して平屋としましたが、それが変化をもたらし、奥行き感のある外観になっています。

まだまだお若いご夫婦、これからこの場所で子どもを生み育て、一つの家族を創りあげていく事になります。この家がその営みを優しく包み込む器であり続ける事を願っています。

概要 敷地/和歌山市関戸
延床面積/130.55m2(39.49坪)