築10年、一つの節目

Written 10月 7th, 2015

想建築工房として始めて住宅の設計/監理を担当させて頂いた、
『二人の家』 が竣工したのは今から10年前の事です。

10年一昔と言いますが、色々と試行錯誤しながら設計して、施工中も
現場に足しげく通って、現場監督さんや職人さんたちに色々と教えて
貰いながら監理したのをついこの前のように覚えています。

でも、夜な夜な仕事してると感じる目の疲れと、半端無い肩こりが10年
という月日の流れを身にしみて感じさせてくれます。。

その月日の流れは建物にとっても大きなもので、10年は一つの節目。

『構造耐力上主要な部分』と『雨水の浸入を防止する部分』についての
保証期間が10年と言う事もあるのですが、環境によっては建物に大き
な痛みが出てくる時期でもあるのです。

なので点検と状況に応じた適切なメンテナンスが大切です。

前置きが長くなりましたが、メンテナンスが必要な時期が来ていないかの
確認の為に『二人の家』にお邪魔してきました。

出迎えてくれたのは、ご主人と可愛い三歳のお嬢ちゃま。

そう、竣工当初は『二人の家』でしたが、今は『三人の家』になっているの
です^^

先ずは挨拶も早々に、外部からチェック。

ガルバリウムの外壁やコーキング、ベランダ床の防水には大きな劣化は
見られず、まだ手を入れしなくても暫くは大丈夫そうです。
木部の経年変化は否めませんが、その過程も楽しんでくれているとの事^^

二人の家1

次は室内、床は毎年ゴールデンウィークに再塗装してくれているので、
今でもツヤツヤ、床も建具も日に焼けて良い風合いになっていました。
二人の家2

床下も風が通って、良く乾燥していて、とてもキレイです。
二人の家3

住まい手さんは「掃除してたらこんなもんやで」と笑ってくれますが、凄く
大切に住んでくれているのが伝わってきました。

また、造り手さん達が良い仕事をしてくれていた事を改めて実感しました。
建物は完成すると隠れてしまうところが多いので、新築の時は判らない処
も多いですが、年月の流れがそのメッキをはがしてしくれます。
やはり良い仕事は建物の寿命を延ばしてくれるのです。

今回、大きな不具合はありませんでしたが、10年人が住み続ければ、様々
な不具合もこれから出てくると思います。住まい手さんと造り手さんと設計者
の“想い”が詰まった『三人の家』、これからも末永く住んで頂ける様に、メン
テナンスのサポートをしっかりとさせて頂きたいと思っております^^

コメントをどうぞ